• Goolife H

コロナとインフル

毎日コロナウィルスの感染者の報道が続いていますが、

今日は、少しだけ今の時期のインフルも考えてみたいと思います。


「コロナウィルスの話だけでも落ち込んでいるのに、追い打ちを

かけるつもりか!」

と叱られそうですが、インフルエンザも実際には怖いのです。


PRESIDENT Onlineを参考に見てみましょう。


昨年の1月だけで、どれくらいの方が亡くなっているかご存じですか?


1685人です。

1月だけですよ。

つまりは、インフルで1日54人の命が消えていたのです。

(4月10日現在のコロナ感染者は、5547名 死者108名です)


1957年のアジア風邪では、7735人が亡くなっています。

これは日本の話ですよ。


季節性のインフルや地域性のインフル、また今年の武漢コロナのように

ウィルスというミクロの敵に立ち向かう怖さは、何度も何度も味わって

いながら、人間の無力さを本当に感じさせられてしまいますよね。


お前は、何を言いたいのだ!


とお叱りを受けそうですが、

自然には美しさと怖さがあるということを忘れてはいけないということと、

常に食に対しても欲を満たすだけのものではなく、免疫という見えない敵と

戦える体にしておくことも忘れてはならないということです。


コロナもインフルも共通の非生物です。全く見えません。

戦うにはどうするか?


予防しかありません。

マスク・手洗い・うがいの励行と

集団には近づかない、入らないということしかありません。


人が動かなければ、感染は必ず止まります。

うつさない、うつらないを合言葉に、この1ケ月の我慢を実践しましょう!




7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
なごみ柔整院

埼玉県越谷市大沢3-6-1 パルテきたこし2F

受付時間 月~土 10:00~20:00 /

日・祝 10:00~17:30

TEL:048-973-3333